産後、産休後の看護師転職・復帰問題。 「産後に子連れで楽して働いている!?編」

「産後に子連れで楽して働いている!?編」マンガ1ページ目

「産後に子連れで楽して働いている!?編」マンガ2ページ目

f:id:sibakiyo:20160409210404j:plainマイナビ看護師

「産後に子連れで楽して働いている!?編」マンガ3ページ目

産後、産休後の転職・復帰問題

産後、産休後の復帰や 転職について悩んでいる看護師は多いピヨ。

 

産後に働くとなると…

子どもはどうする?

いつから働く?

夜勤は続ける?

まったく違う職場で働く?

などなど、色々考えることが多いんだピヨ。

 

あとで、もう少し詳しく触れるけど、育休を取って給付金をもらっている場合は、基本的には現在の職場に復帰という形になるピヨ。

 

でも、育休を取らずに産前に退職をしている場合は、何も気にしなくて転職先を探すといいんだピヨな。

 

様々な悩み別に解決法を考えていくピヨ! 

「産後に子連れで楽して働いている!?編」マンガ4ページ目

転職・復帰の時期

育休を取っている場合 

産前まで働いていた職場を退職しないままで、育休を取っている場合は、基本的には

“子どもが1歳になったら”

*正確には子どもが1歳を迎える日の前日までが育休期間。

職場に復帰することになるピヨ。

 

ただし、例外的に次の場合は1歳半まで育休を延長できるピヨ。

①申込みしたのに保育園に入園できなかった

②主に子どもを養育している配偶者が、やむを得ない事情で養育できなくなった

という感じピヨ。

 

現実的にあり得るのは①ピヨね。

 

育休は、職場への復帰を前提としているから、1年半に育休を延長するのはちょっと気をつかうかもしれないピヨね。

育休を取っていない場合 

育休を取っていない場合は、産後8週間を経過すれば働けるようになるピヨ。

 

ただし、子どもを預けて働きたい場合は、0歳から保育している保育園でも産後4カ月以上とか、産後6ヶ月以上じゃないと預けられないところもあるから、預け先を見つけられるかどうかって問題があるピヨね。産前から預けられるところを探しておくのが無難ピヨ。

 

とはいえ、育休を取っていないということは、前の職場を辞めているのだから、転職活動から始める必要があるピヨ。

子どもの問題

子どもを預ける場所は?

保育園

一番先に思いつくところピヨな。保育園でも認可保育園と、無認可保育園があるけど、認可保育園に預けるのは自治体によってはかなり大変なところもあるピヨ。

 

住んでいる地域が比較的スムーズに入園できるなら、保育園を選択肢に入れたらいいピヨ。

院内保育所

これは看護師という職業の強みピヨ!

一般的な企業で、会社内に保育所があるところなんて、大企業くらいで地方だとそんな会社はほとんど無いピヨ。

 

でも、病院なら地方でも院内保育所完備のところが普通に見つかるピヨ。このとき注意しないといけないのは、院内保育所の年齢制限なんだピヨ。病院によっては院内保育所の利用年齢が3歳までとされている場合もあるんだピヨな。保育園に入園させるのが難しい地域では、“就学前まで預かりOK”の院内保育所があるところを探したほうが良いピヨ。

 

院内保育所が無い場合は“保育手当”が支給される形になっているところも多いピヨ。院外の保育所を保育手当を使って、利用できるかどうかを検討してみることを考えてみたらいいピヨ。

両親

これは意外と多いかもピヨ。

特に看護師で夜勤をするという場合は、夜は両親に面倒を見てもらって働くというパターンは安心できるピヨな。

 

ここで「院内保育所あり」の求人を教えてもらってもOK!
   ↓↓↓↓↓

ここまでピヨの長ったらしい話を読んだあなたに向けて、おすすめの転職サイトを2つ教えちゃうよ! 看護師の転職サイトにも色々あるけど、今回紹介するのは求人数が多くて対応している地域も多いところ!准看護師・助産師の求人にも対応! 完全無料で利用できる!


おすすめ求人サイト その1

ハローワークに無い求人も紹介してもらえる♪
「担当者変えて欲しい…」等の言い辛い希望も運営会社に伝えることができる♪
家にいながら転職活動が出来る!!電話やメールだけでのやり取りもOKだから忙しくても大丈夫♪納得いくまで転職先を何回でも紹介してもらえる!
おすすめ度:★★★★★
マイナビ看護師
緑矢印無料で使える!マイナビ看護師≪公式≫

↑どこを利用するか迷ったらここでOK!

基本的にはマイナビ看護師の登録だけで問題ないけど、もっとたくさんの求人をチェックしたい場合は、下記のおすすめ2と合わせて登録すると、ほとんどの求人をカバーできて効果的だよ♪


おすすめ求人サイト その2

担当者の提案してくれる求人が魅力的♪
対応エリアも広くて、ハローワークに無い求人も紹介してくれる♪
おすすめ度:★★★★☆
ナースではたらこ
緑矢印ナースではたらこ<公式>


すぐの転職じゃなくても登録OKだし、両方登録するのもOK♪ 迷った場合はマイナビ看護師(←ここからすべて無料で利用できます)だけでも登録しておけばOK!

どちらの転職サイトも転職相談に乗るコンサルタントの対応がきめ細やかで、良い評判が多いところなんだよ!面接までの段取りから、面接への同行をしてくれたりもするんだよ。内定後や入職後のフォローも親切だから安心して利用してみてー

*面接同行は地域によっては不可の場合もあり


おすすめ求人情報の告知イラスト2

子どもが何歳になったら働く?

これは各家庭ごとに、事情が異なるから一概には言えないピヨね。

 

ただ、注意することとしてよくあるパターンで3歳から働こうとする場合ピヨ。

自治体によっては、3歳から認可保育園に入園しようとしてもまず入園できないってところもあるんだピヨ。そういう自治体では、子どもが0歳のときから預けて、何とか保育園に滑り込むように入園するって感じになってるんだピヨな。

 

それに、院内保育所も年齢制限がある場合も…

これは病院にもよるけど、3歳までしか預けられないというケースも多かったりするから、3歳の間は何とかなっても4歳になると預ける場所が無い!なんてことにもなったりするピヨ。

 

こういうことを見据えて、年齢制限無い院内保育所があるところに最初から転職しておくと良いかもピヨ。

求人の探し方・転職の仕方

産後の転職先探しは難しい?

産後の転職活動の何が難しいって、求人チェックしたくても赤ちゃん連れでは中々難しいってことピヨね。

 

赤ちゃんを連れてハローワークに行くっていうのはあまり現実的じゃないピヨ。人も多いし、赤ちゃんにとってもよくないと思うピヨ。

 

もちろん、ハローワークの求人をインターネットで探すだけなら、家でも出来るからそいった形で転職活動をするってことはできるかもピヨ。

 

とはいっても、実家の両親の力を借りたり、夫(又は妻)の力を借りたりしながら何とか転職活動をする必要があるピヨね。

それでもスムーズに転職活動できる方法がある?

ここまで説明したとおり、産後の転職活動は負担が大きいピヨ。

でも、そんな負担を軽減できる方法だってあるんだピヨ。

 

この転職活動の仕方なら…

・家にいながら、メールや電話だけで転職活動ができる

・自分の希望する求人条件を伝えれば、希望にあった求人を教えてくれる

というものピヨ。

 

この方法というのが看護師専門の求人サイトへの登録ピヨ。 

転職活動というと、ハローワークしか思いつかない場合もあると思うけど、子どもから目が離せない産後は積極的に活用したいところピヨ 

 

いくつかおすすめの求人サイトを紹介しておくピヨ!

複数の求人サイトに登録して、旧情報を多く集めるのが、良い転職をするコツなんだピヨ。  

求人情報、転職先の選び方 

まずは、どういう働き方をしたいかを決める必要があるピヨ。

夜勤したくない 

夜勤をしたくないなら、日勤のみの求人を探すんだピヨ。

病棟だけでも、日勤限定の求人が都会ならあると思うけど地方だと厳しいと思うピヨ。病棟だけじゃなくて、クリニックや、福祉施設とかも視野に入れたらいいピヨ。

あとは、美容外科の求人を狙うってのもありピヨ。求人サイトに登録して「美容外科で働いてみたい!」と言えば美容外科の求人を紹介してもらえるピヨよ。

子どもとなるべく一緒にいたい 

こういうときは、正職員じゃなくて非正規で働く事も視野に入れてみるピヨ。

「夜勤したくない」の情報と被るけど、日勤限定の求人で更に、有給もきちんと使えるような職場なら、正職員でも意外ときっちり多めに休めたりもするピヨ。 

子どもを預ける場所を確保したい 

院内保育所の環境が良いところを探すピヨ!

院内保育所の見学だってさせてもらえばいいし、子どもにとって良い環境のところを選ぶんだピヨ。

院外の保育園と比較すれば、送り迎えの時間短縮にもなるし、夜勤のときも預けることができたりメリットが多いピヨ。 

 

院内保育所を探すときに注意することは、少し前でも触れたけど預かりの年齢制限なんだピヨ。3歳までの年齢制限があるところもあったりするけど、探すとすれば“就学前まで預かりOK”の院内保育所を探せば、認可保育園に預けることが出来ない場合の負担が大幅に軽減されるんだピヨ。

まとめ 

女性看護師にとっては、産前産後は看護師としてのキャリアも転機を迎えるときかもピヨ。

 

看護師として働くといっても、子どものこともあって考えることも多いと思うけど、たくさんの求人情報をチェックして、自分と家族にプラスになる職場が見つかると良いピヨな。