男性看護師の求人と転職先の見つけ方。 「男性が多い職場を探す女性もいる!編」

「男性が多い職場を探す女性もいる!編」マンガ1ページ目

「男性が多い職場を探す女性もいる!編」マンガ2ページ目

「男性が多い職場を探す女性もいる!編」マンガ3ページ目

男性看護師の就業状況

意外と増えている男性看護師

看護師の世界はまだまだ女社会ピヨ。

とはいっても、その状況も少しずつ変わっていくかもピヨ。

 

下の表を見てみるピヨ!

男性看護師の就業者数の推移  
平成16年末 31594
平成18年末 38028
平成20年末 44884
平成22年末 53820
平成24年末 63321

*「平成26年 看護関係統計資料集」日本看護協会出版会編集より 

 

平成16年に3万人だったのが、平成24年には倍の6万人にまでなってるピヨ!

とはいっても、まだまだ少数派…

かなりの勢いで増えていってる男性看護師だけど、看護師は全体では110万人…

全体からみると6/110でしか無いから、まだまだ少数派なのは確かピヨね。

 

でも、男性看護師を積極的に雇用する病院も増えているし、必要とされる場面は多いんだピヨ! 

「男性が多い職場を探す女性もいる!編」マンガ4ページ目

ここまでピヨの長ったらしい話を読んだあなたに向けて、おすすめの転職サイトを2つ教えちゃうよ! 看護師の転職サイトにも色々あるけど、今回紹介するのは求人数が多くて対応している地域も多いところ!准看護師・助産師の求人にも対応! 完全無料で利用できる!


おすすめ求人サイト その1

ハローワークに無い求人も紹介してもらえる♪
「担当者変えて欲しい…」等の言い辛い希望も運営会社に伝えることができる♪
家にいながら転職活動が出来る!!電話やメールだけでのやり取りもOKだから忙しくても大丈夫♪納得いくまで転職先を何回でも紹介してもらえる!
おすすめ度:★★★★★
マイナビ看護師
緑矢印無料で使える!マイナビ看護師≪公式≫

↑どこを利用するか迷ったらここでOK!

基本的にはマイナビ看護師の登録だけで問題ないけど、もっとたくさんの求人をチェックしたい場合は、下記のおすすめ2と合わせて登録すると、ほとんどの求人をカバーできて効果的だよ♪


おすすめ求人サイト その2

担当者の提案してくれる求人が魅力的♪
対応エリアも広くて、ハローワークに無い求人も紹介してくれる♪
おすすめ度:★★★★☆
ナースではたらこ
緑矢印ナースではたらこ<公式>


すぐの転職じゃなくても登録OKだし、両方登録するのもOK♪ 迷った場合はマイナビ看護師(←ここからすべて無料で利用できます)だけでも登録しておけばOK!

どちらの転職サイトも転職相談に乗るコンサルタントの対応がきめ細やかで、良い評判が多いところなんだよ!面接までの段取りから、面接への同行をしてくれたりもするんだよ。内定後や入職後のフォローも親切だから安心して利用してみてー

*面接同行は地域によっては不可の場合もあり


おすすめ求人情報の告知イラスト2

男性看護師求人、転職先の探し方・見つけ方

男性が多い職場を探す

「男性が多い職場を探す」とは言っても、男性看護師ばっかりなんて職場はほとんど無いと思ったほうが良いピヨ。

 

でも、女性看護師ばかりの職場に飛び込んでいくよりも、数人程度でも男性看護師がいる職場のほうが色々とやりやすいと思うピヨ。

 

病院の規模にもよるけど、数人程度は男性看護師がいる職場だと働きやすいかもピヨ。

職種で探す

昔に比べれば、男性看護師はどんな場面でも受け入れてもらいやすい状態ピヨ。

とはいっても、男性ではどうしても微妙な部分が出てくることもあるピヨ。

 

それが一番感じられるのが、病棟勤務での清潔ケア…

 

患者さんが女性だとどうしても、抵抗があるのが現実なんだピヨ。それに男性患者さんも女性看護師による清潔ケアを求めてることが多いんだピヨね。

 

患者さんによっては、拒絶される可能性があることは覚悟しておいたほうが良いピヨ。

病棟で働く男性看護師も最近は増えているから、チャレンジするのも当然ありピヨよ!

 

病院で頼りにされるのは、やっぱり力仕事ピヨ!

特に手術室勤務の場合は、大工仕事(?)みたいなことが多いから、男性看護師がいると助かるって場面も多いみたいピヨ。

 

その他には、訪問看護施設や介護老人保健施設、老人ホームなど患者さんを運んだり、体位変換したりすることが多いところは男性看護師が多かったりもするピヨ。

で、結局具体的な探し方は?

男性看護師として転職をする場合は、転職先の雰囲気や、男性看護師の人数とか聞きたい事も多いと思うピヨ。

 

だから、ハローワークだけじゃなくて、看護師専門の求人サイトにも登録しておくことをおすすめするピヨ。

 

求人サイトの担当者に、男性看護師が求められている職場を聞く事も出来るし、求人が出ている職場の男性比率も聞いたりできるピヨ。

 

求人サイトは、非公開の求人もあったりするし、家にいながらメールと電話で求人探しが出来るから仕事しながらでも、転職活動ができるのが良いピヨな。

職場別・男性看護師が働く人数

病院(病棟等)

病院で働く男性看護師の人数は、

57,352人(平成24年)

なんだピヨ。全体の90%が勤務しているんだピヨな。

 

ちなみに、女性看護師も含めて比率を出すと看護師全体の63%くらいになるから、男性看護師が病院で働く割合は相当高いんだピヨ。

診療所・クリニック

クリニックで働く男性看護師の人数は、

1664人(平成24年)

と非常に低くなってるんだピヨ。全体の僅か2.6%なんだピヨね。

女性看護師も含めた全体では、20%程度がクリニックで働いていることを考えるとクリニックで働く男性看護師は珍しいってことピヨね。

 

クリニックや診療所は基本的には、個人経営の小さい医院が多いということもあって、女性看護師が好まれるのかもしれないピヨ。考えてみれば、近所のクリニックで男性看護師は見た事ないピヨね…

 

数字を見る限りは、男性看護師とクリニックはあまり相性が良くないのかもしれないピヨ。特に中年男性の医者が院長の場合は、あまり男性看護師を積極的には取らないのかもピヨ(あくまでも推測)。

介護老人保健施設・介護老人福祉施設・社会福祉施設

この職場で働く男性看護師の人数は、

2248人(平成24年)

3つの別々の施設の就業者数を合計しているけど、診療所より多いんだピヨね。 

 

特に力仕事を必要とされることが多いから、男性看護師の需要も比較的高めの職場なんだピヨ。

訪問看護ステーション 

訪問看護ステーションで働く男性看護師の人数は、

610人(平成24年)

かなり少なく感じるピヨか?

 

でも訪問看護ステーションは、平成26年現在は全国に7473箇所(一般社団法人全国訪問看護事業協会HPより)しか無いから、そう考えると男性看護師の比率は結構高いピヨね。

 

男性看護師だと運転するのが好きな人も多そうだから、訪問看護が合っている人は多そうピヨ。

 

 *以上のデータで出典明記の無いものは「平成26年 看護関係統計資料集」日本看護協会出版会編集」より。

まとめ 

男性看護師が活躍する場は増えてるピヨ。

でも、まだまだ女性が多くて、男性ならではの苦労が多いのも実際のところピヨ。

 

男女平等とはいっても、その能力に違いがあって当然ピヨ(特に体力)。男性ならではの体力を活かせる職場を探すか、女性ばかりの職場の中で男性としての居場所を見つけるか、もしくは女性と同じようなポジションを目指して頑張るかって感じかなピヨ。

 

男性看護師は統計上は女性看護師よりも給料が良いという話もあるんだなピヨ。なぜかというと、女性看護師よりも体力的にキツイところを担当することが多かったり、危険な業務に従事することが多いからと言われてるんだなピヨ。あとは女性と比較すると結婚退職や産休・育休を取ることが少なくて、キャリアが長く続くからというのも男性看護師の給料が高めで推移している一つの要素ピヨな。

 

まだまだ過渡期にも見える男性看護師業界(?)だけど、これを見ているあなたの頑張りで色々と変わっていく事もあるかもしれないピヨね。

 

男性看護師の求人もたくさんあるから、良い職場に巡り会うんだピヨ!

もしかしたら、別の巡り会いもあるかもだピヨね。