治験コーディネーター(CRC)はどんな仕事?看護師求人はあるの?

『治験コーディネーターの看護師求人はおすすめできる?どんな仕事なの?』マンガ1ページ『治験コーディネーターの看護師求人はおすすめできる?どんな仕事なの?』マンガ2ページ

看護師で治験コーディネーター(CRC)を目指す?

多くの看護師が働く病院と同じように、医療分野ではあるけどあまり馴染みがないのが【治験】を行う職場になるんだよね。

 

治験の職場には、実は意外と多くの看護師が転職していて、看護師経験を活かして活躍していたりするんだよ。

 

一般的な病院で働く看護師とはまったく違う働き方になるけど、看護師として学んだことや経験したことを活かすこともできるんだよね。

 

今回は、そんな治験の職場で看護師として働くというのが、どういうことかを徹底的に解説しちゃうピヨよ!

 

看護師が治験で働くってどういうこと?

『看護師が治験で働くってどういうこと?』マンガ

治験コーディネーター(CRC)として看護師が活躍できる

看護師は治験の現場でも活躍できるんだけど、その仕事が治験コーディネーターと言われるものになるんだよ。

 

ちなみに、治験コーディネーターは【CRC(Clinical Research Coordinator)】とも呼ばれるから、治験業界に興味を持った場合は覚えておくんだピヨ。

 

治験コーディネーターの仕事は、責任者となる治験責任医師をサポートするのが主な仕事で、更に被験者のサポートも行うし、チームで行う治験業務の調整をしたりするんだよ。

 

看護業務をすることもまったく無いとは言えないけど、基本的にはサポート・調整役に徹して治験がスムーズに進むようにするのが仕事ってことになるんだピヨな。

 

オフィス勤務をすることもある

治験コーディネーターの仕事には、メールチェック・資料確認・資料作成などの事務仕事も多くあって、仕事を普通のオフィスですることも多くあるんだよ。

 

看護師と言えば、医療機関で仕事をするという固定観念があるかもしれないけど、治験コーディネーターになった場合は普通のOLのようにオフィスに出社して、事務仕事をすることもあるってことだね。

 

もちろん、治験自体は医療機関で行われるものだから、治験コーディネーターとして実施される病院やクリニックに出向く時間も多くて、オフィス勤務だけをする訳じゃないことには注意して欲しいピヨ。

 

【看護師】として勤務をする訳ではない

ここまで看護師として治験コーディネーターになって、どんな仕事をするのかなどを説明してきたけど、実は治験コーディネーターは看護師として仕事をする訳じゃないんだよ。

 

というのは、治験コーディネーターは医療系の資格は必須ではなくて、現場では看護師ではない治験コーディネーターも普通にいるんだよね。

 

でも、治験コーディネーターは看護師としてこれまで得た知識や経験がとても役立つから、看護師を迎え入れるところが多いってことになるんだよ。

 

看護師としてではなく、【看護師の有資格者】として働くことになるんだけど、看護師としての経験は確実に活かせるからその点は安心するといいピヨよ。

MEMO
同じCRCでも、病院に所属する場合は看護師として勤務することになります。そのため、看護師として採血などの医療行為を行うこともあります。ただし、企業に所属するCRCは上記の説明のとおり看護師として勤務する訳ではないため、医療行為は行いません。

 

看護師が治験で働くってどういうこと? まとめ
  • 看護師は治験コーディネーター(CRC)として活躍できる
  • 治験コーディネーターの仕事は、医師や被験者のサポートから、チーム内の調整があり、事務仕事も行う
  • 事務仕事は普通のオフィスに出社して行うこともある
  • 治験コーディネーターには【看護師】としてなる訳ではなく、【看護師の有資格者】として勤務することになる

 

治験コーディネーターは病院所属か、SMO(一般企業)所属になります

『治験コーディネーターは病院所属か、SMO(一般企業)所属になります』マンガ

治験コーディネーターの求人は【病院】と【企業】から出される

治験コーディネーターの仕事は、病院に所属して行う場合と、企業に所属して行う場合があるんだよ。

 

つまり、治験コーディネーターの求人を探して転職しようとする場合は、病院と企業それぞれが出している求人を比較して決めることになるってことだね。

 

病院所属の場合は、勤務先は常に病院

治験コーディネーターが仕事をする場所として、普通のオフィスもあると説明したけど、それは企業に入社した場合の話になるんだよね。

 

病院の治験部門に入った場合は、当たり前なんだけど働く場所は病院で、事務作業だってその病院ですることになるんだよ。そして、企業所属の場合と違って看護師として勤務することになるんだよね。

 

ってことで、今までしていた看護師の仕事から丸っきり環境を変えたい場合は、企業からの求人を探すといいってことピヨな。

 

SMOは治験コーディネーターを派遣する会社

治験コーディネーターの求人は一般企業からも出てるんだけど、こういった会社を【治験施設管理機関】と言って、略称として【SMO(Site Management Organization)】と言われているんだよ。

ピヨ

こんな感じで、SMOは病院やクリニックなどから、治験の管理を委託されているんだピヨ。

SMOの説明イラスト

看護師が一般企業で、治験コーディネーターになる場合は、このSMOと呼ばれる会社に所属することになるんだよ。そして、実際に働く場合は、治験コーディネーターとしてSMOから病院などの治験実施施設に派遣されて働いたり、SMOのオフィスで事務作業をしたりすることになるんだピヨ。

 

治験コーディネーターは病院所属か、SMO所属になります まとめ
  • 治験コーディネーターの求人は【病院】と【企業】から出されている
  • 病院に所属して働く場合は、勤務場所はその病院になる
  • 治験コーディネーターが所属する企業のことを【SMO】と呼ぶ
  • SMOに勤務する場合は、治験を実施する病院やクリニックなどの現場か、オフィスで事務作業をすることになる

 

ピヨ

看護師から治験コーディネーターに転職したい場合は、ここで治験関連の求人を探すことができるピヨ

ここまでピヨの長ったらしい話を読んだあなたに向けて、おすすめの転職サイトを2つ教えちゃうよ! 看護師の転職サイトにも色々あるけど、今回紹介するのは求人数が多くて対応している地域も多いところ!准看護師・助産師の求人にも対応! 完全無料で利用できる!


おすすめ求人サイト その1

ハローワークに無い求人も紹介してもらえる♪
「担当者変えて欲しい…」等の言い辛い希望も運営会社に伝えることができる♪
家にいながら転職活動が出来る!!電話やメールだけでのやり取りもOKだから忙しくても大丈夫♪納得いくまで転職先を何回でも紹介してもらえる!
おすすめ度:★★★★★
マイナビ看護師
緑矢印無料で使える!マイナビ看護師≪公式≫

↑どこを利用するか迷ったらここでOK!

基本的にはマイナビ看護師の登録だけで問題ないけど、もっとたくさんの求人をチェックしたい場合は、下記のおすすめ2と合わせて登録すると、ほとんどの求人をカバーできて効果的だよ♪


おすすめ求人サイト その2

担当者の提案してくれる求人が魅力的♪
対応エリアも広くて、ハローワークに無い求人も紹介してくれる♪
おすすめ度:★★★★☆
ナースではたらこ
緑矢印ナースではたらこ<公式>


すぐの転職じゃなくても登録OKだし、両方登録するのもOK♪ 迷った場合はマイナビ看護師(←ここからすべて無料で利用できます)だけでも登録しておけばOK!

どちらの転職サイトも転職相談に乗るコンサルタントの対応がきめ細やかで、良い評判が多いところなんだよ!面接までの段取りから、面接への同行をしてくれたりもするんだよ。内定後や入職後のフォローも親切だから安心して利用してみてー

*面接同行は地域によっては不可の場合もあり


おすすめ求人情報の告知イラスト2

治験コーディネーター(CRC)で必要とされる看護師のスキルは?

『治験コーディネーター(CRC)で必要とされる看護師のスキルは?』マンガ

ピヨ

まず、前提としてこれまで看護師として培った知識や経験は、治験の現場でも役立つんだけど、その他に必要なスキルについて解説していくピヨよ

何より大事なのはコミュケーション能力

治験コーディネーターになりたい看護師に求められるのは、何といってもコミュニケーション能力になるんだよ。

 

仕事の大部分が、関係する医師と被験者、その他の関係者の調整になるからコミュニケーション能力がないと務まらない仕事になるんだよね。

 

とはいえ、この点に関しては病棟で多くの患者と接してきた看護師は、コミュニケーション能力を備えている場合が多いからそこまで心配する必要はないと考えたほうがいいかもしれないピヨ。

 

事務処理能力も必要とされるので、ある程度のPCスキルは必須

コミュニケーション能力以外に必要なのが、PCの操作スキルになるんだよね。

 

とはいえ、特別なプログラミング能力や資格が必要という訳ではなくて、一般的なレベルで普通にワードやエクセルを扱えればOKと考えればいいよ。

 

看護師として病棟勤務とかをしていれば、看護記録をPCでつけているはずだから、そこそこのスピードでタイピングもできると思うんだよね。まったくタイピングができないというレベルだと厳しいと思うけど、看護師の場合は看護学生時代にレポート作成をしているし、看護師になってからは看護記録をつけたりしてるから問題ない場合が大半ってことになるピヨ。

 

スキルとは関係ないけど若い方が採用されやすいかも

看護師として治験コーディネーターを目指すとしても、採用されやすいのは若い看護師になるんだよね。概ね20~30代の看護師のほうが採用されやすい傾向があるんだよ。

 

なんでかっていうと、採用する企業側としては治験コーディネーターを育てて、少しずつキャリアアップさせたいと考えていることが多いからなんだよね。

 

とはいえ、これは絶対という訳じゃなくて40代以上の看護師でも治験コーディネーターとして採用されることもあるから、40代以上の看護師で治験コーディネーターに転職したいという場合は、その企業で採用されやすい年齢を看護師専門の転職サイトで聞いてみるのも良いと思うよ。

 

治験コーディネーター(CRC)で必要とされる看護師のスキルは? まとめ
  • 医師や被験者のサポート、チーム内の調整などを行うためコミュニケーション能力は必須
  • 看護師と比べると事務仕事が多くなるので、PCスキルはある程度は必要になる

 

治験コーディネーターになった看護師の1日はどんな感じ?

『治験コーディネーターになった看護師の1日はどんな感じ?』マンガ

パターン①
オフィスに出社して事務仕事をして働く

治験コーディネーターの仕事として事務仕事が比較的多いということを説明したと思うけど、治験を行う病院やクリニックに出向く予定がない場合は、基本的にはオフィスで事務仕事をすることになるんだよ。

 

事務仕事としては、次のようなものがあるよ。

・メール、電話対応
・治験の業務フローを作成
・症例管理のための資料作成
・被験者のカルテチェック、カルテ入力
・症例報告書の作成
・同意説明書の作成
・治験実施状況の報告

以上はあくまでも一例で、治験をスムーズに進めるための書類作成や整理、連絡やチーム内の調整をすることになるんだピヨ。

 

参考までに、オフィスに出社してそのままオフィスで仕事をする場合は、以下のようなスケジュールで働くことになるんだよ。

オフィスに出社する場合のスケジュール例

  • 9時~12時
    オフィスに出社
    メールチェック・返信
    スケジュール確認
    電話対応
    事務仕事
    ミーティングなど
  • 12時~13時
    昼休憩
  • 13時~17時半
    電話対応
    事務仕事
    ミーティングなど
  • 17時半~18時
    業務終了:帰宅

 

パターン②
オフィスに出社して、担当する病院やクリニックに出向いて働く

治験コーディネーターの仕事はオフィスだけではなく、治験を実施する医療機関も職場になるんだよ。

 

オフィスに出社して事務仕事を終わらせたら、休憩をしてそのまま病院に向かって、仕事をこなして終わったらそのまま自宅に帰るというパターンがあったりするんだよね。

 

次のようなスケジュールになったりするからチェックしてみてピヨ。

オフィスに出社してから病院に出向く場合のスケジュール例

  • 9時~12時
    オフィスに出社
    メールチェック・返信
    スケジュール確認
    電話対応
    事務仕事
    ミーティングなど
  • 12時~13時
    昼休憩
  • 13時~14時
    担当の病院に移動
  • 14時~17時
    被験者のカルテチェック
    検査結果確認
    検査キットの準備
    治験薬の準備
    被験者対応
  • 17時~18時
    残務処理が終了すれば勤務終了
    オフィスには帰らず、自宅に直帰

 

パターン③
担当する病院やクリニックに直接出向いて働く(直行直帰)

最後に紹介する勤務パターンが、担当する病院やクリニックに直接出向いて、そのまま自宅に帰るというもの。つまり、直行直帰で働く形になるってことだね。

 

このパターンは今病院やクリニックで働いているのなら、それとほとんど同じような感じで、仕事に行くことになるってことだよ。ただし、そこでする仕事は【看護師】ではなく【治験コーディネーター(CRC)】としての仕事になるんだピヨ。

直接病院に出向く場合のスケジュール例

  • 9時~12時
    担当病院に出勤
    朝礼に参加
    スケジュール確認
    メールチェック・返信(貸与されているノートPCで行う)
    来院予定の被験者のカルテチェック
    治験薬の準備
    検査キットの準備
    被験者対応
  • 12時~13時
    昼休憩
  • 13時~15時半
    被験者対応
  • 14時~17時
    事務仕事
    メールチェック・返信
    業務報告
  • 17時~18時
    残務処理が終了すれば勤務終了
    オフィスには帰らず、自宅に直帰

 

治験コーディネーターになった看護師の1日はどんな感じ? まとめ
  • オフィスに出社して事務仕事をして働くケースや、オフィスに出社後に病院などに行くケース、病院などに直行直帰で働くケースなど色々なパターンがある

 

治験コーディネーターの看護師の給料はどのくらい?

『治験コーディネーターの看護師の給料はどのくらい?』マンガ

夜勤がない割には意外ともらえる

治験コーディネーターは看護師にとっては、嬉しいことに夜勤がない条件での勤務になるんだよ。普通は、看護師が夜勤をしないとなると給料もかなり下がったりするんだけど、治験コーディネーターの給料に関しては意外といいんだよね。

 

もらえる給料としては… 年収350~500万円くらい。

 

こんな感じで、夜勤なしの勤務としては悪くない金額をもらえるんだよ。若手看護師なら、転職しても夜勤をした場合と同じくらいもらえることもあったりするんだピヨ。

 

病院勤務の看護師よりも昇給しやすい

そして、治験コーディネーターとして一般企業となるSMOに勤務している場合は、看護師よりも昇給しやすいのも特徴なんだよ。

 

看護師は給料が高いと言われるけど、昇給ペースはよくないのが普通なんだけど、SMOは一般企業だから普通の会社員と同じように、経験と立場に応じて昇給していくんだよね。

 

治験コーディネーターに転職したばかりのときは、夜勤をしていた頃よりも給料は低くなるかもしれないけど、3年以上の経験を積んだり、CRCの認定資格を取るなどすれば看護師時代よりも収入アップすることが多くなるんだよ。

 

CRCの認定試験に合格すると更に給料アップも狙える

治験コーディネーターは特別な資格が無くてもできるんだけど、色々な団体が治験コーディネーターの認定試験を実施しているんだよ。

 

認定試験に合格することで、役職が上がったり、手当が出たりして更に給料アップを狙いやすくなるんだよね。

 

こんな感じで、医療施設で働く看護師と違って、キャリアアップを目指しやすいという特徴があるんだピヨ。

 

治験コーディネーターの看護師の給料はどのくらい? まとめ
  • 夜勤がないのに意外と給料はもらえる
  • 年収は350~500万円くらい
  • 看護師よりも昇給し易く、認定試験に合格するなどすればキャリアアップを目指しやすい
  • 3年以上の経験を積むことで看護師時代の収入よりも高くなることが多くなる

 

最後のまとめ

看護師として働く場所は、普通は病院やクリニックなんだけど、看護師が活躍できる場所が他にもあるってことがわかってもらえたと思うんだよね。

 

治験というのは、これまで看護師として関わってきた医療とは違うんだけど、とんでもない数の患者を救うかもしれない治療薬の開発に関わる訳だから、やりがいもとてもあるものなんだよ。

 

病院で働く看護師と違って、治療薬の開発には長い時間がかかるから、その成果は中々目に見え辛いんだけど、自分が関わった治療薬が発売されたりしたときは感動ものなんだよ。

 

仕事自体は、夜勤がないとは言っても神経を使うことも多くて大変なんだけど、やりがいもあって、給料もそれなりにもらえて、将来を見据えたキャリアアップもできるから、気になる人はぜひチャレンジしてみるのをおすすめするピヨ!!

 

治験コーディネータ―になるかどうか迷っている場合は、まずは看護師の転職サイトでどんな求人があるのか、どんな職場なのかなどを確認して情報収集しながら最終的にどうするか決めるといいよ。

 

それじゃーこれで治験コーディネーターについての解説は終わりピヨ!