治験業界で働く看護師になりたい! 看護師が治験業界への転身で知っておくべき基礎知識

『治験業界で働く看護師になりたい!!』マンガ1ページ

治験業界に看護師として転職したい!!

看護師の仕事は基本的には【看護】をすることになるんだよね。

 

でも、そんな看護師がまったく違う仕事ができる場所が、【治験業界】になるんだよ。

 

治験は医薬品を作るのに必須の工程になるんだけど、そこで看護師がこれまで培った知識や経験を活かすことができるんだピヨ!

 

というわけで、今回は多くの看護師にとって未知の世界となる治験業界への転職について、色々な角度から解説していくよ!!

 

治験業界で看護師は何をするの?何ができるの?

『治験業界で看護師は何をするの?何ができるの?』マンガ1ページ

【看護師】としてではなく【看護師資格】を活かして働くことになる

看護師が治験業界に転職して働くという場合は、それは看護師としてではなくて、看護師資格を活かして働くという形になるんだよ。

 

なぜかというと、治験業界に転職するのに看護師とかの医療系の国家資格は必須では無くて、実際のところ無資格で治験業界で働く人も普通にいるんだよね。

 

ということになると… 

なんで治験業界で看護師が必要とされるの?

という疑問が出てくると思うんだよね。

 

その答えは看護師の持つ医療や看護の知識や経験というのが、治験をする現場で必要とされているからなんだよ。

 

つまり、看護師が求められてるというよりも、医療や看護の知識を持っている人材を求めていて結果として看護師が適任というケースが多いということになるんだね。

 

【病院】に所属する場合は看護師として働きます
治験業界で働くという場合は、多くの場合で治験に関連する企業に所属することになって、その場合は上記説明のとおり看護師として働くのではなく、看護師資格を活かして働くという形になります。

 

ただし、病院内の治験部署に、病院所属の看護師として勤務する場合もあり、この場合は【看護師】として働く形になり、状況に応じて採血などの医療行為を行うこともあります。

 

看護師が治験業界でできる仕事 その①
CRC(治験コーディネーター)

さて、実際に治験業界で看護師の転職候補として、どんな仕事があるのかを紹介していくピヨ。

 

まず、一つ目として紹介するのがCRCと言われる職種で、日本語では治験コーディネーターと言われる仕事があるんだよ。

 

治験コーディネーターは、治験進行をサポートするのが仕事になっていて、医師や被験者のサポートをして、治験が円滑に進むようにすることになるんだよね。

 

仕事は、治験が行われる病院だけじゃなくて、所属する会社のオフィスでの事務仕事もあったりして、事務仕事をするときは看護師というよりもOLみたいな働き方になるのも特徴なんだよ。

 

看護師が治験業界でできる仕事 その②
CRA(臨床開発モニター)

看護師が治験業界へ転職するのに適した仕事として、二つ目に紹介するのがCRAになるんだよ。

 

CRAは日本語では臨床開発モニターと言われるんだけど、その名称とおり治験の様子をモニタリングするのが仕事になるんだよね。

 

治験は適正に行われる必要があるんだけど、それを監視してチェックするのが仕事と考えるといいよ。

 

例えば…
・被験者に対してインフォームド・コンセントがきちんと行われているのか?
・治験データが正確なのか?
・治験進行は予定通りなのか?

という感じで、治験進行の様々な部分に問題がないか、適正なのかをチェックするのがCRAの仕事になるんだよ。

 

治験業界で看護師は何をするの?何ができるの? まとめ
  • 治験業界に看護師が転職する場合、【看護師】としてではなく【看護師資格】を活かして働くことになる
  • 治験業界では、看護師のように医療知識がある人材を求めている
  • 看護師が治験業界で働く場合の職種として、CRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)がある

 

ピヨ

治験業界に興味を持った場合は、どんな求人があるのかチェックするといいピヨ

 

マイナビ看護師では治験業界セミナーも開催したりしているから、興味がある人はマイナビ看護師をチェックしてみるんだピヨ

CRCとCRAの具体的な違いをもっと教えて!!

『CRCとCRAの具体的な違いをもっと教えて!!』マンガ

ピヨ

早速だけどパン子にもわかりやすいように、CRCとCRAの仕事の違いを一覧表にまとめたからチェックするんだピヨ
  CRC
治験コーディネーター

CRA
臨床開発モニター

仕事の目的 治験進行をサポートすること 治験進行を監視(モニタリング)すること
所属する会社 医療機関 or 一般企業(SMO) 一般企業(CRO)
看護師を求める求人数 多め 少なめ
給料 350~500万円 400~700万円

ピヨ

それぞれの項目について更に詳しく説明するピヨ

CRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)は仕事の目的が違う

CRCとCRAは同じ治験業界で働く仕事ではあるんだけど、その仕事の目的はまったく違うものになるんだよ。

 

CRCは治験を進行する中で、医師や被験者をサポートするのが仕事になるんだよね。実際に仕事をする中では、医師や被験者のサポートだけじゃなくてメール対応、資料制作、カルテチェックみたいな事務仕事も大量にあるのが特徴なんだよ。

 

CRAは治験の進行が適正かどうか、問題がないかをモニタリングして監視するのが仕事になるんだよね。CRCと違って、被験者の対応はしないんだよ。CRAの仕事にはCRCの仕事の成果に問題がないかどうかをチェックすることも含まれるから、CRCとはその立ち位置がまったく違うってことになるんだね。

 

こんな感じで、CRAとCRCは仕事の目的が違うんだよ。ただし、仕事の目的は違っても、医薬品の完成を目指すという目標は同じで役割が違うだけと考えるといいピヨ。

CRCとCRAの仕事の違いイラスト

CRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)は所属する会社が違う

CRCとCRAは同じ治験業界の職種で、同じように看護師からの転職組が多いんだけど、それぞれ所属することになる会社は違うんだよね。

 

CRCが所属する会社は、SMO(治験施設管理機関)と呼ばれる一般企業になるんだよ。

 

CRAが所属する会社、CRO(医薬品開発業受託機関)と呼ばれる一般企業になるんだよ。

 

それぞれの会社の違いは、そのままCRCとCRAの違いと同じように考えればいいんだけど、SMOが治験を実施する病院から依頼されて治験進行のサポートをする会社で、CROは製薬会社から治験実施を依頼される会社になるという違いがあるんだよね。

 

共通するのはSMOもCROのどちらであっても一般企業へ就職するという形になることだよ。ただし、CRCに関しては病院内の治験部署に入職するというパターンもあるから、ケースによっては病院所属という場合もあるんだよね。

 

CRCとCRAの所属会社の違いイラスト

CRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)は看護師を求める求人数が違う

CRCもCRAのどちらも看護師を求める求人というのはあるんだけど、その求人数を比較するとCRCのほうが多くて、CRAのほうが少なめという状態になっているんだよね。

 

ということは、CRAのほうが看護師から転職するにはハードルが少し高めになっているということになるんだよ。

 

とはいえ、看護師に対してCRAになって欲しいという企業側の需要は確実にあるから、CRAに興味を持った場合はCRAへの転職を気にせず目指せばいいってことになるピヨ。

 

CRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)は給料が少し違う

CRCもCRAもキャリアを積めば、夜勤をする看護師よりも給料が高くなる可能性があるんだけど、両者を比較すると若干だけどCRAのほうが給料が高いことが多いんだよね。

 

CRAはキャリアを積んで役職者になれば、年収1,000万円も夢ではないんだよ。普通に看護師をしているだけでは、辿り着けない収入だからこの点は大きな魅力になると思うよ。

 

CRCとCRAの具体的な違いをもっと教えて!! まとめ
  • CRCは治験進行のサポート、CRAは治験進行の監視役と仕事の目的が違う
  • CRCが所属する会社はSMOで、CRAが所属する会社はCROは違うものになる
  • CRCのほうがCRAよりも看護師を求める求人は多い
  • CRAのほうがCRCよりも給料は少し高め

 

ここまでピヨの長ったらしい話を読んだあなたに向けて、おすすめの転職サイトを2つ教えちゃうよ! 看護師の転職サイトにも色々あるけど、今回紹介するのは求人数が多くて対応している地域も多いところ!准看護師・助産師の求人にも対応! 完全無料で利用できる!


おすすめ求人サイト その1

ハローワークに無い求人も紹介してもらえる♪
「担当者変えて欲しい…」等の言い辛い希望も運営会社に伝えることができる♪
家にいながら転職活動が出来る!!電話やメールだけでのやり取りもOKだから忙しくても大丈夫♪納得いくまで転職先を何回でも紹介してもらえる!
おすすめ度:★★★★★
マイナビ看護師
緑矢印無料で使える!マイナビ看護師≪公式≫

↑どこを利用するか迷ったらここでOK!

基本的にはマイナビ看護師の登録だけで問題ないけど、もっとたくさんの求人をチェックしたい場合は、下記のおすすめ2と合わせて登録すると、ほとんどの求人をカバーできて効果的だよ♪


おすすめ求人サイト その2

担当者の提案してくれる求人が魅力的♪
対応エリアも広くて、ハローワークに無い求人も紹介してくれる♪
おすすめ度:★★★★☆
ナースではたらこ
緑矢印ナースではたらこ<公式>


すぐの転職じゃなくても登録OKだし、両方登録するのもOK♪ 迷った場合はマイナビ看護師(←ここからすべて無料で利用できます)だけでも登録しておけばOK!

どちらの転職サイトも転職相談に乗るコンサルタントの対応がきめ細やかで、良い評判が多いところなんだよ!面接までの段取りから、面接への同行をしてくれたりもするんだよ。内定後や入職後のフォローも親切だから安心して利用してみてー

*面接同行は地域によっては不可の場合もあり


おすすめ求人情報の告知イラスト2

CRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)のどちらが看護師におすすめなの?

『CRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)のどちらが看護師におすすめなの?』マンガ

日本全国を飛び回るのを楽しめるならCRA(臨床開発モニター)がおすすめ

CRAの仕事の特徴としては、治験を実施する医療機関は全国の色々なところになるから、出張として日本全国を飛び回ることが多くなるんだよね。

 

出張先としては、車で行けるところもあれば新幹線を使うこともあるし、飛行機を使うような遠くに出張するような場合もあるんだよ。

 

つまり、CRAは仕事の一環としてある出張を楽しめそうじゃないと、看護師からの転職は難しいと言えるんだピヨ。移動時間も含めて気分転換ができて苦じゃないという場合は、CRAへの転職はかなりおすすめできるんだよね。

 

逆に言えば、子どもが小さいとか家庭の都合で頻繁な出張は難しいという場合は、CRAには向いてないってことになるよ。

 

ちなみに、CRC(治験コーディネーター)もオフィス外での仕事は多くなるんだけど、基本的にはオフィスから日帰りできる範囲の病院やクリニックを担当することが多いから、CRAみたいに全国を飛び回ることは無いと考えていいんだピヨ。

 

被験者に向き合って仕事をしたいのならCRC(治験コーディネーター)がおすすめ

これまで看護師として病棟などで働ている場合は、多くの患者さんを相手にしてきているんだよね。その延長として同じようなイメージで被験者と接したいのであれば、CRCのほうがおすすめできるんだよ。

 

CRCと違って、CRA(臨床開発モニター)は被験者と関わらないという違いがあるんだよね。

 

CRCは被験者に向き合って、被験者の様子を観察して、被験者のケアをするなど、これまで看護師として培った経験を活かせる場面が多いと言えるんだよ。

 

被験者への対応やケアを含めて、看護師としての要素も含む仕事がしたいのであればCRCがおすすめできるってことピヨ。

 

転職活動で苦労したくないなら求人数が比較的多いCRC(治験コーディネーター)がおすすめ

さっきも説明したとおり、CRA(臨床開発モニター)はCRCよりも求人自体が少なめになっているんだよね。だから、どうしてもCRCのほうがCRAよりも求人を見つけやすいし、転職も決まりやすいと言えるんだよ。

 

というわけで、転職活動で苦労したくないとか、転職活動に時間をかけることができないという場合は、CRCへの転職を目指すのをおすすめするよ。もちろん、CRAへの転職を排除する必要はなくて、求人を見かけたらCRCの求人とかけもちで面接を受けるなどの行動を起こしていけばOKピヨな。

 

結論:CRC(治験コーディネーター)が看護師におすすめとなることが多い

結論として、看護師にどちらがおすすめか?と言うと、CRCのほうが無難と言えるんだよね。

 

ただし、最初のマンガでも言ったとおり「人による」部分が大きいから、CRAをどうしても目指したいという場合はCRAを目指すのはまったく問題無いし、積極的にチャレンジするんだピヨ!

『治験業界で働く看護師になりたい!! 最後のまとめ』マンガ

最後のまとめ

ここまで治験業界へ興味を持っている看護師に向けて、治験業界に関わることができる次の二つの仕事を紹介してきたんだよ。
・CRC(治験コーディネーター)
・CRA(臨床開発モニター)

どちらも同じ治験業界の仕事で、元看護師が活躍する仕事ではあるんだけど、その立ち位置も役割も違うことが分かってもらえたと思うんだよね。

 

どちらの仕事でも、新しい医薬品開発に関わるというのはやりがいは相当あるし、時間はかかるにしても自分が関わった医薬品が世に出るときは本当に興奮するような達成感を味合うこともできるんだよ。看護師の仕事のやりがいとはまったく異なるけど、興味を持った看護師はぜひ治験業界への転職にチャレンジしてみるといいピヨな。