保健師の転職情報まとめ

保健師の転職はどうする?どうなる?

一般的に看護師よりも転職をするときの難易度は少し高くなるのが保健師です。

 

しかし、看護師から保健師に転職したいと考えている人は多いですし、保健師として他職場に転職したいと考える人も多いのが現状です。

 

そこで、このページでは保健師の転職事情だけではなく、【看護師から保健師に】転職する場合の事情についてもわかりやすく解説している記事をまとめて紹介しています。

 

それぞれケース①、ケース②にわけてどんな記事があるのかを説明をしておきます。

 

ケース① 看護師から保健師への転職は?

看護師と比較すると保健師自体の求人は少なめです。しかし、夜勤がないことなどもあって看護師から保健師に転職したいと考える人は多いのです。

 

ところが、実際のところ給料はどうなってるのか? 実際にどんな仕事をするのか? 自分に適正があるのか?など悩むことは色々あるのです。

 

下記で紹介している記事では、【看護師から保健師への転職】について疑問や不安を解消できるようにしていますのでぜひ参考にしてみてください。

 

ケース② 保健師として転職活動をしたい場合は?

保健師として転職活動をしようとしても、行政保健師と産業保健師しか候補にしない人は多くいます。もちろん、行政保健師と産業保健師が保健師の転職先としてメインになるのは事実ですが、そのほかにも目を向けるといろいろな職場へ転職できる可能性があることが見えてきます。

 

下記で紹介している記事では、保健師が保健師の資格を活かして、どう転職活動をするべきかを説明していますので、実際に転職活動で動き出す前にチェックしておくことを強くおすすめします。

 

【保健師の転職】に関する記事一覧はこちらから

保健師の転職に関する記事は以下のとおりです。全ての記事がマンガを中心に構成されているので、マンガを読むだけでも一通りのことは理解できるようになっています。